• スポンサーサイト
  • 2008.06.17 Tuesday
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています

というわけで本日はネットワーク装置、種類について述べて行きたいと思います。



◎ネットワーク装置



みなさん、ネットワーク装置といえば何を連想するでしょう?結構身近にあるものが実はネットワーク装置だったりします。例えばルータなどがそうです。他にもHUBなどもそうです。
ここから本題。まずHUBから説明します。HUBとは主に複数のPCを接続する時に使用します。HUBを持ってる人はすぐみれば分かりますが本体には複数の口があります。この穴のことを通称ポートと呼びます。PCは通常の場合自身で持っているポートは一個です。このため複数のPCを接続する場合HUBという複数のポートがある装置が必要になってくるのです。



またこのHUBには様々な種類があります。アクティブHUB<とパッシブHUBがそうです。
パッシブHUBとは受動的なHUBです。どういうものかというと、電気信号を処理する回路や装置を持っていないためパッシブHUBのポートで受信された電気信号はそのまま受信ポート以外の全てのポートから流れる動きをします。



アクティブHUBとは受信ポートで受けた電気信号をHUB内部の回路を使って電気信号を増幅した上で他のポートから流す動きをします。アクティブHUBは別名がありしばしばリピータHUBとも呼ばれます。
但し、これらのHUBは電気信号を受けると全てのポートに受信した信号を流すので通称馬鹿HUBとも呼ばれます。違いは増幅するかしないかです。
他にはMACアドレスを学習して決められたポートにだけ信号を送出するスイッチングHUBなどがあります。



※MACアドレスとは、NIC(つまりPCのLANケーブルとかをさす口のところとおもっててください)毎に固有に割り当てられる製造番号のことです。通称物理アドレスと呼ばれユーザ個々が決められるものではありません。このMACアドレス、実は簡単に見ることができます。
まずウィンドウズのスタートボタン+Rを押してみてください。スタートボタンがない場合ウィンドウズのメニューを開き「ファイル名を指定して実行」という所があるのでそこをクリックしてください。
実行すると入力画面がでてくるのでそこで「cmd」とうってみてください。







すると以下の画面が出てくると思います。これはコマンドプロントと言ってウィンドウズを操作する時にコマンドベースで操作するための画面です(もしかしたら違う用途のためのものなのかもw自分PCくわしくありませぬorz)







その画面で「ipconfig /all」と打ってみて下さい。






「Physical Address」がMACアドレスです。
Physical Address:はワイヤレスネットワーク用のポートを持つデバイス(装置のこと)、NICに割り当てられたMACアドレス ということになります。
ちなみにMACアドレスは見て分かるように16進数で表記されます。ここはまだ理解できなくてもいいです。ふーん、そうなんだレベルでもかまいません。こういうものがあるってことだけ覚えておいてください。



さて、いままでHUBの説明をしてきましたがHUBって実はもっとも終端末(通称エンドという。ユーザという言い方もする。つまりみんなのPCとか)に近い所でしか使いません(用途によっては使うこともありますが)。ではもっと上位、つまり企業で使う場合HUB等を仕様してネットワークを構築してるでしょうか?答えはNOです。確かにHUBは複数のポートがあり多く接続できるイメージがありますが企業とかの場合流れる通信量は膨大です(例えばISPとか)。そこで登場するのがブリッジ(自分はみたことないけどw使わないと思うけど一応・・)'やスイッチというものがあります。
同じ種類のLAN(ここでLANの説明をすると長くなるので省きます。ここではLAN=1つのグループと思ってください)を接続するのはHUBです(例えばPCからPCへみたいな感じ)。対してブリッジやスイッチは
異なるLAN同士の接続が可能なネットワークデバイスです。
<HUBとの相違点>
.屮螢奪呼瓜里泙燭魯好ぅ奪粗瓜里鮴楝海垢襪箸台数の制限がない
▲侫ルタリング機能がある。




HUB同士の場合スカッタブル接続やカスケード接続(ここでは説明しません、あしからず(´・ω・`))
する場合台数に制限があります。つまりHUB同士をつなぐ場合ポートの数に制限があるのです。ブリッジやスイッチはそれらに制限がありません。



∪茲曚廟睫世靴HUBは受けたデータを全てのポートに出してしまうというHUBの機能を説明しました。スイッチやブリッジの場合この信号はあのポートと言ったように全てのポートに同じデータを送出することはありませんポートに含まれている宛先デバイスのMACアドレスを調べてどのポートから送出すればいいかの判断機能があるので、宛先デバイスに接続されたポートのみに送出します。この機能のことをフィルタリングといいます。つまり余計なポートにはデータを出さないようにフィルターをかけるのです。内部の動きは上で説明したとおりMACアドレスを学習しているのでそれを元にして動作しています。これもここでは ふーん(´_ゝ`) 程度でいいです。



最後にブリッジとスイッチの相違点を述べます。まずポート数がかなり違います。ブリッジはその名のとおり橋渡しでしかないのでポートが2つしかないので数が少ないです。対してスイッチは多いもので数百ものポートを持ってる機器とかがあります。ポート数が圧倒的に違います
またブリッジはソフトウェアで処理されます。つまりみんなのPCにブリッジというソフトウェアを入れて動作させるイメージです。スイッチはそれ自体が機械なので処理が早いです。



.檗璽反瑤違う
⊇萢が断然違う



今日はいじょ
  • スポンサーサイト
  • 2008.06.17 Tuesday
  • 19:17
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://moonight.jugem.jp/trackback/96
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
COMMENT
TRACKBACK
PROFILE
ARCHIVES
LINK

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.