• スポンサーサイト
  • 2008.06.17 Tuesday
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています

「Appleはこの先もリーダーの座に留まるだろう。だがわれわれはAppleに“Appleと激しく競り合うことになるのはMicrosoftだ”と言わせたい」とMS幹部は語る。


シアトル(Associated Press)
 これまで「市場に一番乗りしたから」という理由で米Microsoftのことを非難した人はほとんどいない。だが、同社が背後から忍び寄るのがいかに上手かということを身をもって知らされた人は多いはずだ。

Microsoftがエンターテインメント分野で推し進めたいと考えている戦略も、まさにそれだ。同社はこれまで、テレビ技術からビデオゲーム機に至るエンターテインメント分野のさまざまな取り組みに対し、何年もの歳月と何十億ドルもの予算をつぎ込んできた。そのうえ同社は、そうした投資をうまく利益に変えられるかどうかを確認するためにも、今後、さらに多くの予算と時間を投じることをいとわない、と語っている。

Microsoftは11月14日米国で、同社にとってエンターテインメント分野の最新の取り組みとなる249ドル99セントの携帯音楽プレーヤー「Zune」とそれに対応する音楽配信サービスを、大人気を博しているApple Computerの「iPod」と「iTunes Store」への対抗馬として、鳴り物入りで発売する。

アナリストは、この発売がAppleの市場シェアにすぐにも大きな打撃を与えるとは考えていない。

「当面、iPodにとっては痛くもかゆくもないだろう」とJupiterResearchのアナリスト、マイケル・ガーテンバーグ氏は語っている。

それでも同氏によると、Microsoftの十分な資力と不断の努力が何年か後にどのような形で結実するかを競合各社が懸念するのも無理はないという。

収益性の高いビジネスソフトウェアの「Office」やOSの「Windows」の販売で何十億ドルもの利益を上げているMicrosoftが、収益性の実現がはるかに難しいであろうデジタルエンターテインメント事業にこれほど重きを置くのは不思議に思えるかもしれない。

だがMorningstarのアナリスト、トアン・トラン氏によれば、同社には、この分野に参入する以外の選択肢はほとんどなかったのだという。なぜなら、エンターテインメントデバイスは今や写真の保存からビデオゲーム、映画の再生まで、あらゆる用途に使われるようになり、今日ほとんどのPCに搭載されているWindowsによってMicrosoftがこれまで固持してきた領域までをも侵略しつつあるからだ。

「Microsoftがエンターテインメント市場への参入を望んでいるのは、この市場が非常に大きいからだ。PCはもはや世界の中心ではなくなっている」とトラン氏。

Microsoftによれば、同社がエンターテインメント分野に徐々に関心を抱くようになったのは、今や、テレビを見たり、音楽を聴いたりといったあらゆる行動において技術の果たす役割が高まっているからという。Microsoftのエンターテインメント&デバイス部門担当社長のロビー・バック氏によれば、同社の今後の影響力を決めるのは変化だという。

それでもMicrosoftは、どのようにすればこの新たなゲームで大きな利益を上げられるかまでは、まだ考えついていない。

同社は「Xbox」ゲーム機とオンラインゲームサービス「Xbox Live」で熱心な支持者を獲得しているが、この事業は依然として赤字だ。Zune事業が収益性を実現するまでにも、4年かそれ以上はかかるだろう。全体では、Microsoftのエンターテインメント&デバイス部門は9月30日締めの四半期決算で9600万ドルの損失を計上している。

またMicrosoftはZuneのリリースより前に、Windows Mediaの利用を促進するための「PlaysForSure」と呼ばれるロゴプログラムを発表している。

Microsoftのスティーブ・バルマーCEOは13日に取材に応じ、同社が今後もPlaysForSure対応のデバイスやサービスを提供する企業の支援を続ける方針であることを明らかにした。だが同氏によると、Microsoftがリリース予定の独自のZune製品は、PlaysForSureプログラムとは互換性を備えない。このロゴプログラムがAppleの勢いを抑える効果をあまり上げていないことを確認した上での判断という。

「ただ現行モデルを維持しているだけでは、こうしたポータブルデバイス市場で地盤を拡張できるかどうか怪しい」とバルマー氏。

さらにMicrosoftはZuneに内蔵するワイヤレス接続機能により、Appleとの差別化を図りたい考えだ。この機能により、ユーザーは近くのZuneユーザーと楽曲を共有できる。バルマー氏によると、このアイデアはMicrosoftがXbox Liveで収めた成功から生まれたものという。Xbox Liveは、世界中のゲーマーにとって交流の場にもなっている。


ソース⇒ITmedia
公式⇒Zune公式サイト


※ZuneはMicrodoftがIPodに対向して開発した携帯音楽プレイヤー(MP3プレイヤー)の事。

はてさて数年後携帯メディア産業(音楽関連)は一体どうなってることやら。今回Microsoftが新たに市場に投下というか火を起こしたこの「Zune」結構注目です。
というか収益見込んでないのに(はっきり損失が出るとMicrosoftは言っている。しかもとんでもない額)挑戦する姿勢、ちょっとMicrosoftが好きになりました。まぁ膨大な資金があるからこそできる芸当なんですけどね、逆に言うと他の企業はマネできない事をやってくれるから面白いw

数年後どうなってるかなぁ(´―`)


余談ですがWindowsVistaの開発においてMicrosoftは最初の起動音の4秒に1年半かけて音源作成に挑んだらしいです。理由は「これから先ユーザが何千、何万回も聞くであろう音をいかに不快にならずに(何回もきいてりゃあきるから?)聞けるか追求した」
だそうです。

すんげ〜〜プロ根性+すんげ〜自信だよねぇ・・
さすがw
  • スポンサーサイト
  • 2008.06.17 Tuesday
  • 14:39
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://moonight.jugem.jp/trackback/179
zune zuneはipodに勝てるか? 徹底検証します。 / zune zuneはipodに勝てるか? 徹底検証します。
2006/11/19 10:52 PM
zune zuneはipodに勝てるか? 徹底検証します。 zuneってなに?zuneの使い方やipodとどう違うのか紹介します。
2006/11/25 11:06 AM
開運のツキなび【グッズと風水で開運】 あなたのやる気と能力をラクラク10倍引き出...
2006/11/27 5:21 PM
とても良いブログですね♪ブックマークさせてもらいました♪良かったら自分のblogもみてくださいね。相互リンクもしたいんですがもしよろしければ自分のブログにコメントください♪
2006/11/29 7:54 AM
ユーザー登録はもちろん無料♪ ☆今なら街で使えるTPを500TPプレゼント☆
オンラインゲーム / できるビジネスマン必見
2006/12/01 12:25 PM
オンラインゲームとよく耳にしますが、それはインターネットに接続して行うゲームのことを言います。
携帯音楽プレーヤーについて / 音楽を奏でる(雑学編)
2007/04/08 6:00 PM
携帯音楽プレーヤー携帯音楽プレーヤー(けいたいおんがく-)は、携帯機器|携帯して音楽などを聴ける音響機器の総称でヘッドフォンステレオともいわれる。ポータブルオーディオプレーヤー、携帯型オーディオなどとも言う。1979年発売のソニーのウォークマンTPS-L2(縦13
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
COMMENT
TRACKBACK
PROFILE
ARCHIVES
LINK

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.