• スポンサーサイト
  • 2008.06.17 Tuesday
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています

【一部抜粋】
<自殺予告>文科相異例のメッセージ 差出地東京・豊島区か

伊吹文明文部科学相は7日の閣議後会見で、自分あてに送られて来たいじめ自殺を予告した手紙の差出人に対し、自殺を思いとどまるよう呼び掛ける異例のメッセージを送った。
また、手紙の消印にあった「豊」の後の文字について、「いくつかの専門的な方に調査依頼した結果、『島』の可能性が強いと言っている」と述べ、「豊島」の消印の可能性が高いことを明らかにした。伊吹文科相は、豊島区がある東京都教委に重点的に調査するよう指示した。
 差出人については、「字がしっかりして、教育行政の知識もある」と、中高校生以上の可能性があるとの見方も示した。いたずらの可能性は否定しなかったものの、「命に関することなので、教委、教師にいじめを隠したり、放置したりしてはいけないと指導している文科省として率先して姿勢を示さないといけない」と手紙を公表した経緯を説明した。
 6日午前届いた封書には、伊吹文科相、教育委員会、校長、担任、同級生、同級生の保護者、両親にあてた手紙7通が同封されており、担任あてでは「なぜ僕をたすけてくれないのですか。僕は、なん回も先生に言ったし親も先生にいじめについて言いました。ぜったい先生をゆるさない」などと学校、教育委員会に相談したにもかかわらず、いじめがなくならない現状を訴えている。

 伊吹文科相のメッセージは以下の通り。
 「命は一つしかないものだし、自分のものだけではない。君が生まれた時はお父さん、お母さんが君の命を腕の中に抱きとってくれたわけだから、いろいろ言いにくいこともあるけれども、誰かに必ず気持ちを正確に伝えてください。学校の先生が何もしないということがあるのなら、文科省がこれだけのことをマスコミのみなさんにご協力をいただき、しているんだから、世の中は君を放っているわけじゃないことを理解してほしい」

もーね・・ついにここまできちゃったかって感じです。
最初この記事読んだときなんか妙に切なくなってしまうというかなんというか・・

この記事、報道を見た人は思うだろうけど

思いとどまって欲しい

です。



で、次にこれまた驚愕の記事↓↓

<いじめ調査>やる方が「悪い」は半数以下 希薄な罪の意識

いじめがあった時「いじめる方が悪い」と考える子どもが中学、高校で半数にも満たないことが、民間団体の調査で分かった。また、いじめを受けた際に相談できる相手を聞くと「教師」はわずか19%で、「いない」と答えた子どもは2割を超えた。文部科学省の統計報告がいじめ自殺をゼロとしてきた裏で、標的の子が罪の意識の希薄な子どもに追いつめられた上、周囲の大人が十分対処できていない様子が浮かび上がった。
 いじめをなくそうと呼びかけているNPO法人「ジェントルハートプロジェクト」(川崎市)が、過去3年間に講演活動で訪れた全国の小学校8校、中学校23校、高校5校の児童生徒約1万3000人を対象としたアンケートの結果をまとめた。
 それによると、「いじめる方が悪いと思うか」と聞かれ、「はい」と答えた小学生は6割を超えた。しかし、中学、高校生は4割台だった。「いじめられても仕方のない子はいるか」の問いに「いいえ」と答えたのは、小学生ではかろうじて半数を超えたが、中学生では4割を切った。
 一方、「いじめはなくせるか」との問いに「はい」と答えた比率は、学年が上になるほど少なくなる。「いじめを相談できる相手」は、「友だち」(56%)が多く、親は39%にとどまった(複数回答)。
 また、「周囲でいじめやそれに類する行為が今までにあった」と考える児童生徒は全体の82%に達し、いじめがまん延している実態がうかがえる。
 同NPO理事の小森美登里さん(49)は「年齢が上がるにつれ、いじめに対する慣れやあきらめが広がるようだ。優しい心で人とつながる方が心地よいということに気づいてほしい」と話す。
   ◇   ◇
 講演で全国を巡り、娘がいじめを受けて自殺したつらい体験を語る小森さんのもとには多数の感想文が寄せられる。いじめの悩みを打ち明ける子もいる。
 公立小5年女子はこう書いた。「級友と帰る時、草むらにおされたりカラーペンで(家の近所の)トンネル(の壁)に名前を書かれたりしました。油性ペンで消すのがたいへんで、つめや指がまっ黒に汚れました」
 講演を聞いた大半の子は「人を死に導くものだと分かった」(公立中1年女子)と、いじめへの認識を新たにしている。ただ、ごく少数だが、こんな感想もある。「いじめが悪いとは思いません。人が(いじめを)やるのもその人の個性だ」(公立小6年男子)



※ここから個人的意見

これを見ていじめ問題が究極化(表現がおかしいが行きつくところまでもはやいってる)していると思ったのは自分だけでしょうか?

特に太字や赤字で書かれている文、

1、講演を聞いた大半の子は「人を死に導くものだと分かった」
2、「いじめが悪いとは思いません。人が(いじめを)やるのもその人の個性だ」


1について。
つまりはそれまでは分かっていなかったってことは最悪その人がいじめる側に加わった場合「死ぬとは思わなかった」になってしまうんでないかな。⇒罪の希薄というよりもはやこれは危機感の欠如だろう・・罪を考える云々以前の問題に思える。


2について。
個性とまで言い切ってる点が怖いです。
なら 殺人するのもその人の個性なのかと・・・


言葉にするの難しいんですけども やっぱりこの記事見ると恐怖覚えるのは自分だけだろうか・・もしこの考えを持った人が社会に出た場合どうなるか?答えは必然と出てくると思います・・




【いじめ問題に関して個人的に思うこと】

何からはなせばいいやら・・・


んじゃまず
Q,何故いじめがここまで蔓延しているのか?

思うにいじめって昔から蔓延していると思う。昔よりやり方が陰険だけどね。
例えば↑の記事にもあったように

「級友と帰る時、草むらにおされたりカラーペンで(家の近所の)トンネル(の壁)に名前を書かれたりしました。油性ペンで消すのがたいへんで、つめや指がまっ黒に汚れました」

自分の知る範囲ではこんなに悪質ないじめって昔は無かったと思う。

っと話し戻りますがいじめってやっぱり昔から存在していたと思う。でも近年見られるような自殺問題とか昔はそんなに扱われて無かったと思う。

んじゃ昔と何が違うか?うーん・・
1、ジャイアン的ガキ大将の存在の有無⇒これも結構重要な気もする・・
2、やり方が陰険だから耐えるに耐えられなくなってる⇒忍耐力が弱まっている?
3、集団秩序の欠落⇒みながやってるならいいだろう精神が増えてるというかなんというか・・つかこれはむしろ学級崩壊の要因の一つか・・
4、2にリンクするが忍耐力の欠如⇒むしゃくしゃするからって理由もあるだろう
5、その他何か・・

要因いっぱいありすぎて一概にこれが!ってのはないんだろうなぁ



【んじゃ何が原因よ?】
様々な複合要因が原因(言い出したらきりがないが・・)

◎先生について
対処の仕方がわからない(色々な意味含む)

◎親について
騒ぎすぎ⇒やれ体罰だ体罰だと・・・

◎マスメディアについて
大きく報道しすぎ+「いじめ」という言葉で根本に霞みかけてる
例えばTVでいじめがまた・・とか報道されると我々はそのいじめにしか焦点いかないというか意識せざるおえない状況が作られるためあれが悪いと一方的に決めつける傾向がある。つまり全体像をみることができなくなっている。


その他etc・・・




【結論が見えませんw】
はいwごめんなさいwwww自分も結論見えませんwww
でもこれだけは思う。やれゆとり教育が原因だ!だとか先生がダメダメすぎwwwとか
親がいけないんだ!とかそう言う事では解決出来ないと思うんですよね。

さっきも言ったようにマスコミによって全体に霞みかけられて一つの事にしか目が行ってしまいそのことだけを解決していこうとしてしまうのがいつまで経っても解決に至らない原因と考えます。

つまりもっと根本的な事を見つけ出してそれらを解決しないといけないと思う。

まぁその根本見つけるのがかなり難しいんですけどね(;´∀`)

余談だけど今って「道徳」って時間 時間割にあるのだろうか
  • スポンサーサイト
  • 2008.06.17 Tuesday
  • 17:24
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://moonight.jugem.jp/trackback/176
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
COMMENT
TRACKBACK
PROFILE
ARCHIVES
LINK

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.